New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/mixtape-sex%e5%b1%b1%e5%8f%a3-usowa-from-simi-lab-summer-jam-2014[Mixtape] SEX山口 & USOWA from SIMI LAB /  Summer Jam 2014 
SEX山口とUSOWA from SIMI LABによるSPLIT MIXTAPE 第四弾が公開!これぞまさにSEXとUSOとMIXTAPE!!!!!夏にピッタリのサマージャム・チューン満載でございます!是非チェック!
https://twitter.com/sexyamaguchihttps://twitter.com/USOWA
セク山ver. & USOWAver. zip まとめてダウンロードする!

『SUMMER JAM 2014』
★side SEX山口★
01: Happy Feat. Kid Capri (Tedsmooth Remix) / Pharrell Williams
02:大人は楽しい(オリジナルカラオケ) / ELEPHANT L◯VE
03:Frontin’ Feat. Jay-Z, Vybz Kartel, & Wayne Marshall (Dancehall Remix) / Pharrell Williams
04:Seesaw / Toconoma
05:果てない / BASI
06:テレパシー / cbs
07:Pokyo / Ta-ku
08:Con Mi Sombra / S-Tone Inc.
09:Grown Up Calls / Toro Y Moi
10:The Last Love Song /カルロス・トシキ & オメガトライブ
11: Summer Madness (live) / Kool & The Gang

『SUMMER JAM 2014』
★side USOWA★
01:Officially Missing You (Remix) Feat. Talib Kweli / Tamia
02:So Good / Tuxedo
03:Happy Summertime (Remix) Feat. Snoop Dogg / R.Kelly
04:Lowdown / Coolio & Jimmy Sommers
05:Peanut Butter (Moon Boots Remix) / Alison Valentine
06:One Night / After 7
07:That’s OK (Remix) / CL
08:You’re The One / Guerilla Black
09:Paradise Feat. Amerie / LL Cool J
10:Can’t Stop the Shine / Kool G Rap & Miss Jones
11:Keep It On / Mase
12:U Will Know (C.J.Mackintosh Remix) / B.M.U.
13:Favorite Flavor Feat. Mary J. Blige / LL Cool J
14:Preach / Jay Rock & K-Dot
15:Check Out Time / Tupac
16:Sunshine Feat. Lea / Lil Flip
17:InnerVisions / UNO stereo
18:Signes Des Temps Feat. The Procussions / Hocus Pocus
19:Best Friend / 50 Cent
20:Freak Like Me / Adina Howard
21:Traffic In The Sky / Mac Miller
22:Oj Simpson (That Killa) Feat. J Beats / Da Camp
23:The One Feat. 3LW / Frankie J
24:Co-Sign / SWV

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/mixtape-sex%e5%b1%b1%e5%8f%a3-usowa-from-simi-lab-summer-jam-2014

[Mixtape] SEX山口 & USOWA from SIMI LAB / Summer Jam 2014 


SEX山口とUSOWA from SIMI LABによるSPLIT MIXTAPE 第四弾が公開!これぞまさにSEXとUSOとMIXTAPE!!!!!夏にピッタリのサマージャム・チューン満載でございます!是非チェック!

https://twitter.com/sexyamaguchi
https://twitter.com/USOWA

セク山ver. & USOWAver. zip まとめてダウンロードする!


『SUMMER JAM 2014』
★side SEX山口★

01: Happy Feat. Kid Capri (Tedsmooth Remix) / Pharrell Williams
02:大人は楽しい(オリジナルカラオケ) / ELEPHANT L◯VE
03:Frontin’ Feat. Jay-Z, Vybz Kartel, & Wayne Marshall (Dancehall Remix) / Pharrell Williams
04:Seesaw / Toconoma
05:果てない / BASI
06:テレパシー / cbs
07:Pokyo / Ta-ku
08:Con Mi Sombra / S-Tone Inc.
09:Grown Up Calls / Toro Y Moi
10:The Last Love Song /カルロス・トシキ & オメガトライブ
11: Summer Madness (live) / Kool & The Gang

『SUMMER JAM 2014』
★side USOWA★

01:Officially Missing You (Remix) Feat. Talib Kweli / Tamia
02:So Good / Tuxedo
03:Happy Summertime (Remix) Feat. Snoop Dogg / R.Kelly
04:Lowdown / Coolio & Jimmy Sommers
05:Peanut Butter (Moon Boots Remix) / Alison Valentine
06:One Night / After 7
07:That’s OK (Remix) / CL
08:You’re The One / Guerilla Black
09:Paradise Feat. Amerie / LL Cool J
10:Can’t Stop the Shine / Kool G Rap & Miss Jones
11:Keep It On / Mase
12:U Will Know (C.J.Mackintosh Remix) / B.M.U.
13:Favorite Flavor Feat. Mary J. Blige / LL Cool J
14:Preach / Jay Rock & K-Dot
15:Check Out Time / Tupac
16:Sunshine Feat. Lea / Lil Flip
17:InnerVisions / UNO stereo
18:Signes Des Temps Feat. The Procussions / Hocus Pocus
19:Best Friend / 50 Cent
20:Freak Like Me / Adina Howard
21:Traffic In The Sky / Mac Miller
22:Oj Simpson (That Killa) Feat. J Beats / Da Camp
23:The One Feat. 3LW / Frankie J
24:Co-Sign / SWV

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/beat-tape-omsb-fake-homiez-beat-tape[Beat Tape] OMSB / Fake Homiez Beat Tape 
OMSBが突如でもないですが、ドープなビート・テープ『Fake Homiez Beat Tape 』をドロップ!
下記のツイート通り、後半かなりツボなビートで攻めてきております。是非チェック!
https://twitter.com/WAH_NAH_MICHEAL
後半とか皆好きそうなの入ってるよ
— OMSB(黒帯) (@WAH_NAH_MICHEAL) June 24, 2014

Fake Homiez Beat Tape by OMSB

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/beat-tape-omsb-fake-homiez-beat-tape

[Beat Tape] OMSB / Fake Homiez Beat Tape


OMSBが突如でもないですが、ドープなビート・テープ『Fake Homiez Beat Tape 』をドロップ!
下記のツイート通り、後半かなりツボなビートで攻めてきております。是非チェック!

https://twitter.com/WAH_NAH_MICHEAL

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/album-ab-soul-these-days[Album] Ab-Soul / These Days…
TDEファン待望Ab-Soulのニュー・アルバム『These Days…』が遂に祝リリース!Kendrick Lamar、Rick Ross、Lupe Fiasco、Danny Brown、ScHoolboy Q、SZA、Action Bronson、Jay Rock、RaVaughn等が参加!プロダクションには、J. Cole,Larry Fisherman(Mac Millerのプロデューサー名義)、 Terrace Martin、Purity RingやDJ Dahiが参加とのことで、アルバムのカバーアートからも色々な意味でドープな作品であることに間違いありません。是非チェック!
iTunesで購入できます。https://twitter.com/abdashsoul
1. “God’s Reign” (Feat. SZA) (produced by Purity Ring)
2. “Tree of Life” (produced Curti$$ King and DJ Dahi)
3. “Hunnid Stax” (Feat. ScHoolboy Q) (produced by Kenny Beats)
4. “Dub Sac” (produced by Dave Free & Tommy Black)
5. “World Runners” (Feat. Lupe Fiasco & Nikki Jean) (produced by Tae Beast)
6. “Nevermind That” (Feat. Rick Ross) (produced by The Kathy)
7. “TWACT” (Feat. Jinx & Short Dawg) (produced by DNYC3)
8. “Just Have Fun” (produced by Like and Blended Babies)
9. “Kendrick Lamar’s Interlude” (Feat. Kendrick Lamar) (produced by Terrace Martin)
10. “Closure” (produced by Sounwave)
11. “Sapiosexual” (produced by J. Cole)
12. “Stigmata” (Feat. Action Bronson & Asaad) (produced by Rahki)
13. “Feelin’ Us” (Feat. Jay Rock & RaVaughn) (produced by Skhye Hutch)
14. “Ride Slow” (Feat. Danny Brown & Delusional Thomas) (produced by Larry Fisherman)
15. “W.R.O.H.” (Feat. JMSN) (produced by Tae Beast)

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/album-ab-soul-these-days

[Album] Ab-Soul / These Days…


TDEファン待望Ab-Soulのニュー・アルバム『These Days…』が遂に祝リリース!Kendrick Lamar、Rick Ross、Lupe Fiasco、Danny Brown、ScHoolboy Q、SZA、Action Bronson、Jay Rock、RaVaughn等が参加!プロダクションには、J. Cole,Larry Fisherman(Mac Millerのプロデューサー名義)、 Terrace Martin、Purity RingやDJ Dahiが参加とのことで、アルバムのカバーアートからも色々な意味でドープな作品であることに間違いありません。是非チェック!

iTunesで購入できます。
https://twitter.com/abdashsoul

1. “God’s Reign” (Feat. SZA) (produced by Purity Ring)
2. “Tree of Life” (produced Curti$$ King and DJ Dahi)
3. “Hunnid Stax” (Feat. ScHoolboy Q) (produced by Kenny Beats)
4. “Dub Sac” (produced by Dave Free & Tommy Black)
5. “World Runners” (Feat. Lupe Fiasco & Nikki Jean) (produced by Tae Beast)
6. “Nevermind That” (Feat. Rick Ross) (produced by The Kathy)
7. “TWACT” (Feat. Jinx & Short Dawg) (produced by DNYC3)
8. “Just Have Fun” (produced by Like and Blended Babies)
9. “Kendrick Lamar’s Interlude” (Feat. Kendrick Lamar) (produced by Terrace Martin)
10. “Closure” (produced by Sounwave)
11. “Sapiosexual” (produced by J. Cole)
12. “Stigmata” (Feat. Action Bronson & Asaad) (produced by Rahki)
13. “Feelin’ Us” (Feat. Jay Rock & RaVaughn) (produced by Skhye Hutch)
14. “Ride Slow” (Feat. Danny Brown & Delusional Thomas) (produced by Larry Fisherman)
15. “W.R.O.H.” (Feat. JMSN) (produced by Tae Beast)

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/album-dj-shark-oxidized-silver-ibusigin-remix-collection[Album] DJ SHARK / OXIDIZED SILVER (IBUSIGIN) REMIX COLLECTION 
DJ SHARKが昨年発売したアルバム「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」のリミックス・アルバム『OXIDIZED SILVER (IBUSIGIN) REMIX COLLECTION』が祝リリース!
https://twitter.com/DJSHARK_JAPANhttp://djshark-ny.blogspot.com/http://www.facebook.com/djshark.japan.fanpage
日本が産んだ世界的DJ「DJ SHARK」の昨年発売となったアルバム「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」のRemixアルバム!!正真正銘MADE IN JAPAN!誰もが虜となった「あの頃の」HIPHOP要素が随所に渦巻く心地よい漆黒のグルーヴが溢れた世界基準のREAL HIP HOP!「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」発売から約9ヶ月…驚愕のREMIX集が完成!そこに集うのはDJ SUWA、B-BANDJ、GURO、MILIというFU-TENの面々!さらにDJ TAIJI、DJ YAS、AZZURROという濃すぎる並び。原曲に手を加え、よりダイナミックにアグレッシブに迫る!ビートを極端に再構築して奇をてらう!REMIXという言葉に鼓動が高鳴り‥原曲を超えた時のあの興奮はまさにHIPHOP!凄まじい空気感が渦巻いております!耳を研ぎ澄まして聴くと極太なビートの中に、繊細なサウンドが絶妙に幾重にも重なり、深く響く。黒く美しい。そこに鋭いスクラッチがトドメをさす。正に職人技!匠の仕事!一切の隙無しな燻銀再構築。進化し続けるデジタル化の波により音楽の可能性が広がると同時に、手軽に生み出され世に溢れる様々な音源…消費されて終わるような使い捨て音源が溢れかえる中、ここに生み出された12曲は1曲1曲に「侍」達の魂が宿り、リスナーの耳から脳、そして細胞までを震撼させる至極の逸品。凄いです。 
(文 タワーレコード高山)
アルバムリスト
01. Parallel Bars(synthesized sizud) remixed by Guro(FU-TEN) feat.Oxygen
02. Chikyu 3.11 remixed by Itak Shaggy Tojo feat.Dr.Hasegawa(Kyoto Pon)
03. Syo-Gun remixed by Dj Yas(Kemiri Productions) feat.Sadat X, Oxygen, Xis10s
04. Liquid Buuldings feat.Dos Noun
05. Cold Wintry Wind feat.Mili(FU-TEN)
06. Faclal Expressions remixed by Dj Shark feat.B-Bandj(FU-TEN)
07. Formula 99 remixed by Dj Suwa(FU-TEN) feat.Audessy & Oxygen
08. Parallel Bars remixed by Azzurro feat.Oxygen
09. Kage
10. Last Rral DJ Alive remixed by Dj Taiji feat.B-BANDJ
11. The Operation remixed by Dj Shark feat.Mikey D
12. Fill us with your music remixed by Dj Shark feat.MARDOROOTS
DJ SHARK PROFILE….
90年初期からDJ、ターンテーブリストとして活躍し、96年にのウエストコースト・チャンピオンに輝く。Technicsのターンテーブル、ミキサーの開発に協力しTechnics初のヒップホップDJミキサー「SH-1200」は、企画段階から参加し、今も世界中のDJ達に師事されている。(SH-1200のSHはSharkから因んだもの。)独自のメガ・ミックス・セオリーを持ち、その“速くて正確”なスクラッチと、それが映えるドープなセルフ・メイドのビートを武器に地元=滋賀や京都、関西一円を主戦場としていた。99年にはソロ・アルバム『Inqubation』をリリース。ライヴで共演した御大アフリカ・バンバータからも絶賛され、彼の率いるZulu Nationのインターナショナル・ヒップホップ2000年の枠で2位に選ばれる。同作以降も仲間のFU-TENやMONKEY KENらのレコーディングに参加。また、DJだけではなくプロデュース業も幅広くこなし、ヒップホップのフィールドに収まらず、レゲエやロック方面でもプロデュースやリミックス等を行う。ライヴではバンバーダやQ-bert, Z-trip, Five Deezなどのオープニングも務め、2002年にはテクニクスの30周年イベントに海外からのゲストと共にスペシャルゲストとしてプレイした。その後、彼はヒップホップの聖地NYに渡り活動拠点をインターナショナルなものにしていく。現地ではオールドスクール・マンスリー・パーテをブルックリンで主催し、数々のヒップホップ・レジェンド達との共演を果たす。(GrandMaster Mell Mel (Grandmaster Flash and the Furious Five), Grand Wizard Theodore, DJ Spinna, Large Professor (Mein Source), Rob Swift(X-ecutioners) DP-One, Jeru the Damaja.)NYでは様々なクラブ・プレイを通し確実に彼の存在を浸透、DJとしての存在を世界にアピールしてきた。またプロデュース業にも力を入れ、現地アーティストとの競演や楽曲リリースも果たした。B.B King , Highline Ballroom、Knitting factoryなどの歴史ある有名クラブをはじめ、APT, Nuble, Five Spot, End of the Week, Triple Crown, Deity, Joe’s Pubなど、NYの音楽シーンにはかかせないクラブでプレイしてきた。5年間のニューヨーク生活から日本へ帰国後、更なる日本のヒップホップ・シーン、クラブ・シーンを奮い立たせるべく、JAPANツアーを行い、NYよりJeru the Damajaをゲストに全国6カ所にブルックリン旋風を巻き起こした。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/album-dj-shark-oxidized-silver-ibusigin-remix-collection

[Album] DJ SHARK / OXIDIZED SILVER (IBUSIGIN) REMIX COLLECTION


DJ SHARKが昨年発売したアルバム「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」のリミックス・アルバム『OXIDIZED SILVER (IBUSIGIN) REMIX COLLECTION』が祝リリース!

https://twitter.com/DJSHARK_JAPAN
http://djshark-ny.blogspot.com/
http://www.facebook.com/djshark.japan.fanpage

日本が産んだ世界的DJ「DJ SHARK」の昨年発売となったアルバム「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」のRemixアルバム!!正真正銘MADE IN JAPAN!誰もが虜となった「あの頃の」HIPHOP要素が随所に渦巻く心地よい漆黒のグルーヴが溢れた世界基準のREAL HIP HOP!「Oxidized Silver(IBUSIGIN)」発売から約9ヶ月…驚愕のREMIX集が完成!そこに集うのはDJ SUWA、B-BANDJ、GURO、MILIというFU-TENの面々!さらにDJ TAIJI、DJ YAS、AZZURROという濃すぎる並び。原曲に手を加え、よりダイナミックにアグレッシブに迫る!ビートを極端に再構築して奇をてらう!REMIXという言葉に鼓動が高鳴り‥原曲を超えた時のあの興奮はまさにHIPHOP!凄まじい空気感が渦巻いております!耳を研ぎ澄まして聴くと極太なビートの中に、繊細なサウンドが絶妙に幾重にも重なり、深く響く。黒く美しい。そこに鋭いスクラッチがトドメをさす。正に職人技!匠の仕事!一切の隙無しな燻銀再構築。進化し続けるデジタル化の波により音楽の可能性が広がると同時に、手軽に生み出され世に溢れる様々な音源…消費されて終わるような使い捨て音源が溢れかえる中、ここに生み出された12曲は1曲1曲に「侍」達の魂が宿り、リスナーの耳から脳、そして細胞までを震撼させる至極の逸品。凄いです。 

(文 タワーレコード高山)

アルバムリスト
01. Parallel Bars(synthesized sizud) remixed by Guro(FU-TEN) feat.Oxygen
02. Chikyu 3.11 remixed by Itak Shaggy Tojo feat.Dr.Hasegawa(Kyoto Pon)
03. Syo-Gun remixed by Dj Yas(Kemiri Productions) feat.Sadat X, Oxygen, Xis10s
04. Liquid Buuldings feat.Dos Noun
05. Cold Wintry Wind feat.Mili(FU-TEN)
06. Faclal Expressions remixed by Dj Shark feat.B-Bandj(FU-TEN)
07. Formula 99 remixed by Dj Suwa(FU-TEN) feat.Audessy & Oxygen
08. Parallel Bars remixed by Azzurro feat.Oxygen
09. Kage
10. Last Rral DJ Alive remixed by Dj Taiji feat.B-BANDJ
11. The Operation remixed by Dj Shark feat.Mikey D
12. Fill us with your music remixed by Dj Shark feat.MARDOROOTS

DJ SHARK PROFILE….
90年初期からDJ、ターンテーブリストとして活躍し、96年にのウエストコースト・チャンピオンに輝く。Technicsのターンテーブル、ミキサーの開発に協力しTechnics初のヒップホップDJミキサー「SH-1200」は、企画段階から参加し、今も世界中のDJ達に師事されている。(SH-1200のSHはSharkから因んだもの。)独自のメガ・ミックス・セオリーを持ち、その“速くて正確”なスクラッチと、それが映えるドープなセルフ・メイドのビートを武器に地元=滋賀や京都、関西一円を主戦場としていた。99年にはソロ・アルバム『Inqubation』をリリース。ライヴで共演した御大アフリカ・バンバータからも絶賛され、彼の率いるZulu Nationのインターナショナル・ヒップホップ2000年の枠で2位に選ばれる。同作以降も仲間のFU-TENやMONKEY KENらのレコーディングに参加。また、DJだけではなくプロデュース業も幅広くこなし、ヒップホップのフィールドに収まらず、レゲエやロック方面でもプロデュースやリミックス等を行う。ライヴではバンバーダやQ-bert, Z-trip, Five Deezなどのオープニングも務め、2002年にはテクニクスの30周年イベントに海外からのゲストと共にスペシャルゲストとしてプレイした。その後、彼はヒップホップの聖地NYに渡り活動拠点をインターナショナルなものにしていく。現地ではオールドスクール・マンスリー・パーテをブルックリンで主催し、数々のヒップホップ・レジェンド達との共演を果たす。(GrandMaster Mell Mel (Grandmaster Flash and the Furious Five), Grand Wizard Theodore, DJ Spinna, Large Professor (Mein Source), Rob Swift(X-ecutioners) DP-One, Jeru the Damaja.)NYでは様々なクラブ・プレイを通し確実に彼の存在を浸透、DJとしての存在を世界にアピールしてきた。またプロデュース業にも力を入れ、現地アーティストとの競演や楽曲リリースも果たした。B.B King , Highline Ballroom、Knitting factoryなどの歴史ある有名クラブをはじめ、APT, Nuble, Five Spot, End of the Week, Triple Crown, Deity, Joe’s Pubなど、NYの音楽シーンにはかかせないクラブでプレイしてきた。5年間のニューヨーク生活から日本へ帰国後、更なる日本のヒップホップ・シーン、クラブ・シーンを奮い立たせるべく、JAPANツアーを行い、NYよりJeru the Damajaをゲストに全国6カ所にブルックリン旋風を巻き起こした。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/resource/book/%e5%92%8c%e6%9b%b8-%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%97%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e5%9b%b3-vol-119701981[和書] ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981) 
ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981) [大型本]
エド・ピスコー (著), ED PISKOR (著), 綾井亜希子 (翻訳) 
米国ワシントン・ポスト紙の”2013年ベストコミック” 米国シアトル・タイムズ紙の”2013年ベスト音楽コミック” SPIN誌の”2013年ベスト音楽本” 等多くの名誉ある年間ランキングに次々と選出! 米国で今最も注目されている若手コミック作家の一人エド・ピスコーが、世界を激変させた米国生まれの偉大なる芸術表現: ヒップホップの世界を描いた。 爆発的に愉快なエンタテイメント性溢れ、まるで百科事典のように詳細に描かれたヒップホップを取り巻くドキュメンタリー・コミック。 ネット上のBOING BOINGに連載という形で始まった『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)の舞台は、サウス・ブロンクスの公園や個人宅の居間に始まり、やがてはヒップホップ・シーンが急激な盛り上がりを見せたナイト・クラブ、レコーディング・スタジオ、そしてラジオ局へと移行していく。ラッパー同士のバトルやライバル関係、パフォーマンス技術の発展、勝者と敗者:自称ヒップホップ”おたく”である著者はその全てをしつようなまでの情熱でもって調べ上げ、裏を取り、愛情を持って描いた。 ヒップホップ界の初期のスターであった、クール・ハーク、アフリカ・バンバータ、グランドマスター・フラッシュ、カーティス・ブロウ、シュガーヒル・ギャング、ファンキー4+1、後にRUN-DMCとなる3人のキッズのみならず、ラッセル・シモンズ(Def Jamの創始者の一人)、シルビア・ロビンソン(音楽家・シュガーヒル・レコード創始者)、リック・ルービン(音楽プロデューサー・Def Jamの創始者の一人)等同等のカリスマ性を持った重要な裏方達等、それぞれの強烈な個性、歴史的パフォーマンス、人間関係が活き活きとダイナミックに描かれている。そして、グラフィティ界の巨匠ファブ・ファイヴ・フレディがデボラ・ハリー(ブロンディ)、キース・ヘリング(美術家)、ジャン・ミシェル・バスキア(美術家)、グレン・オブライエン(『TVパーティー』)、チャーリー・エーハン(映画監督・『ワイルド・スタイル』など)、 リー・キノーネ(グラフィティ・ライター・美術家)らと出会い化学反応を起こし、彼等の音楽、アート、そして文化がマンハッタンのダウンタウン全体やメインストリーム・シーンに大きく影響するようになる過程を目撃する事が出来る。 その他、ナイスなキャラの脇役達(後にヒップホップ界のスター…)から、1970年代後半の街の様子、愉快な小話等エド・ピスコーならではの世界観が読む人全てを魅了する。 映画『ワイルド・スタイル』、『スタイル・ウォーズ」や『スクラッチ』等のよく知られたヒップホップ・ドキュメンタリーと同様、『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)は非常に重要な文化的年代記である。ヒップ・ホップファンのみならず、ポップ・カルチャー全般の愛好家、単に当時ニューヨーク市はどんな感じだったか興味のある人々、どんなジャンルであれ特定のシーンはどのようにして生まれ発達して行くのか知りたい人々、、、、全ての人必読のコミック! 表紙はエドが敬愛する米国コミックを代表するマーヴェル・コミックの”トレジャリー・シリーズ”(1974年から1981年まで出版された)をパロディ化したデザインで登場。 「僕からするとこのコミックは”音楽”コミックじゃない。”コミュニティ”についてのコミックなんだ。才能のある人々が出会い、アイデアを出し合い、意見を交わし、それを大きな物へと発展させて行く。”ラップ”、”ヒップホップ”、”音楽”というテーマは副産物に過ぎない。」 ーエド・ピスコー 「これまでで最高のコミック! 」 ビズ・マーキー 「エド・ピスコーのコミックの登場人物になれるなんて熱湯も凍るくらいクールなことだぜ。」 ファブ・ファイヴ・フレディ 「40年間このコミックを待っていた。」 ハリー・アレン(ヒップホップ活動家/ジャーナリスト) 「イエス・キリストの物語が人類の歴史で描かれた中で一番最高の物語だと言われてるけど、キリストは1977年にニューヨーク市を襲った大停電の時にDJミキサーを盗まなかったし、ファブ・ファイヴ・フレディと地下鉄にグラフィティを描いたわけじゃない。このコミックでエド・ピスコーはヒップホップの歴史を探求し、その実態であるまさに”聖書的”に壮大な物語をBボーイスタイルで繰り広げて見せる。」 ジョナサン・ズウィッケル (MTV.com) 
[Amazonより抜粋]

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/resource/book/%e5%92%8c%e6%9b%b8-%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%97%e5%ae%b6%e7%b3%bb%e5%9b%b3-vol-119701981

[和書] ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981)

ヒップホップ家系図 vol.1(1970~1981) [大型本]
エド・ピスコー (著), ED PISKOR (著), 綾井亜希子 (翻訳)

米国ワシントン・ポスト紙の”2013年ベストコミック” 米国シアトル・タイムズ紙の”2013年ベスト音楽コミック” SPIN誌の”2013年ベスト音楽本” 等多くの名誉ある年間ランキングに次々と選出! 米国で今最も注目されている若手コミック作家の一人エド・ピスコーが、世界を激変させた米国生まれの偉大なる芸術表現: ヒップホップの世界を描いた。 爆発的に愉快なエンタテイメント性溢れ、まるで百科事典のように詳細に描かれたヒップホップを取り巻くドキュメンタリー・コミック。 ネット上のBOING BOINGに連載という形で始まった『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)の舞台は、サウス・ブロンクスの公園や個人宅の居間に始まり、やがてはヒップホップ・シーンが急激な盛り上がりを見せたナイト・クラブ、レコーディング・スタジオ、そしてラジオ局へと移行していく。ラッパー同士のバトルやライバル関係、パフォーマンス技術の発展、勝者と敗者:自称ヒップホップ”おたく”である著者はその全てをしつようなまでの情熱でもって調べ上げ、裏を取り、愛情を持って描いた。 ヒップホップ界の初期のスターであった、クール・ハーク、アフリカ・バンバータ、グランドマスター・フラッシュ、カーティス・ブロウ、シュガーヒル・ギャング、ファンキー4+1、後にRUN-DMCとなる3人のキッズのみならず、ラッセル・シモンズ(Def Jamの創始者の一人)、シルビア・ロビンソン(音楽家・シュガーヒル・レコード創始者)、リック・ルービン(音楽プロデューサー・Def Jamの創始者の一人)等同等のカリスマ性を持った重要な裏方達等、それぞれの強烈な個性、歴史的パフォーマンス、人間関係が活き活きとダイナミックに描かれている。そして、グラフィティ界の巨匠ファブ・ファイヴ・フレディがデボラ・ハリー(ブロンディ)、キース・ヘリング(美術家)、ジャン・ミシェル・バスキア(美術家)、グレン・オブライエン(『TVパーティー』)、チャーリー・エーハン(映画監督・『ワイルド・スタイル』など)、 リー・キノーネ(グラフィティ・ライター・美術家)らと出会い化学反応を起こし、彼等の音楽、アート、そして文化がマンハッタンのダウンタウン全体やメインストリーム・シーンに大きく影響するようになる過程を目撃する事が出来る。 その他、ナイスなキャラの脇役達(後にヒップホップ界のスター…)から、1970年代後半の街の様子、愉快な小話等エド・ピスコーならではの世界観が読む人全てを魅了する。 映画『ワイルド・スタイル』、『スタイル・ウォーズ」や『スクラッチ』等のよく知られたヒップホップ・ドキュメンタリーと同様、『ヒップホップ・ファミリー・トゥリー』(ヒップホップ家系図)は非常に重要な文化的年代記である。ヒップ・ホップファンのみならず、ポップ・カルチャー全般の愛好家、単に当時ニューヨーク市はどんな感じだったか興味のある人々、どんなジャンルであれ特定のシーンはどのようにして生まれ発達して行くのか知りたい人々、、、、全ての人必読のコミック! 表紙はエドが敬愛する米国コミックを代表するマーヴェル・コミックの”トレジャリー・シリーズ”(1974年から1981年まで出版された)をパロディ化したデザインで登場。 「僕からするとこのコミックは”音楽”コミックじゃない。”コミュニティ”についてのコミックなんだ。才能のある人々が出会い、アイデアを出し合い、意見を交わし、それを大きな物へと発展させて行く。”ラップ”、”ヒップホップ”、”音楽”というテーマは副産物に過ぎない。」 ーエド・ピスコー 「これまでで最高のコミック! 」 ビズ・マーキー 「エド・ピスコーのコミックの登場人物になれるなんて熱湯も凍るくらいクールなことだぜ。」 ファブ・ファイヴ・フレディ 「40年間このコミックを待っていた。」 ハリー・アレン(ヒップホップ活動家/ジャーナリスト) 「イエス・キリストの物語が人類の歴史で描かれた中で一番最高の物語だと言われてるけど、キリストは1977年にニューヨーク市を襲った大停電の時にDJミキサーを盗まなかったし、ファブ・ファイヴ・フレディと地下鉄にグラフィティを描いたわけじゃない。このコミックでエド・ピスコーはヒップホップの歴史を探求し、その実態であるまさに”聖書的”に壮大な物語をBボーイスタイルで繰り広げて見せる。」 ジョナサン・ズウィッケル (MTV.com)

[Amazonより抜粋]

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/66%e9%87%9167%e5%9c%9f-asian-hip-hop-summit-2014%e3%80%8cone-nation%e3%80%8d%ef%bc%a0-tokyo-dome-city-hall6/6(金)&6/7(土) ASIAN HIP-HOP SUMMIT 2014「ONE NATION」@ TOKYO DOME CITY HALL
6/6(金)&6/7(土)に東京ドームシティホールで ASIAN HIP-HOP SUMMIT 2014「ONE NATION」が開催されます!
http://onenation.dmys.net/
6月6日㈮ 開演19:00(開場18:00)
6月7日㈯ 開演17:00(開場16:00)
場所:TOKYO DOME CITY HALL(東京ドームシティホール)
料金:アリーナスタンディング(整理番号付)8,000円(税込)
   バルコニー指定席8,000円(税込)
出演:JAY PARK(パク ジェボム)/Dok2/The Quiett/Beenzino

チケット販売所:e+(イープラス)http://eplus.jp/asian(パソコン&携帯)※ファミリーマート各店でもお買い求めできます。
チケットぴあ  TEL  0570-02-9999(Pコード=230-568)http://pia.jp/t/
ローソンチケットTEL 0570-084-003(Lコード=77687)http://l-tike.com/ (PC&携帯)
※ローソン店内Loppiで直接購入いただけます。
一般発売:2014年4月26日10時~
主催:ASIAN HIP-HOP SUMMIT実行委員会 企画製作:うぼん 特別協力:イープラス
お問い合わせ先:株式会社うぼん 03-6388-0083(平日11:00~18:00)

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/66%e9%87%9167%e5%9c%9f-asian-hip-hop-summit-2014%e3%80%8cone-nation%e3%80%8d%ef%bc%a0-tokyo-dome-city-hall

6/6(金)&6/7(土) ASIAN HIP-HOP SUMMIT 2014「ONE NATION」@ TOKYO DOME CITY HALL

6/6(金)&6/7(土)に東京ドームシティホールで ASIAN HIP-HOP SUMMIT 2014「ONE NATION」が開催されます!

http://onenation.dmys.net/

6月6日㈮ 開演19:00(開場18:00)
6月7日㈯ 開演17:00(開場16:00)
場所:TOKYO DOME CITY HALL(東京ドームシティホール)
料金:アリーナスタンディング(整理番号付)8,000円(税込)
   バルコニー指定席8,000円(税込)

出演:JAY PARK(パク ジェボム)/Dok2/The Quiett/Beenzino

チケット販売所:e+(イープラス)http://eplus.jp/asian(パソコン&携帯)※ファミリーマート各店でもお買い求めできます。
チケットぴあ  TEL 0570-02-9999(Pコード=230-568)http://pia.jp/t/
ローソンチケットTEL 0570-084-003(Lコード=77687)http://l-tike.com/ (PC&携帯)
※ローソン店内Loppiで直接購入いただけます。

一般発売:2014年4月26日10時~

主催:ASIAN HIP-HOP SUMMIT実行委員会 企画製作:うぼん 特別協力:イープラス
お問い合わせ先:株式会社うぼん 03-6388-0083(平日11:00~18:00)

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/mix-knxwledge-knxwledge-mixed-by-dj-kiyo[Mix] KNXWLEDGE / KNXWLEDGE - MIXED BY DJ KIYO -
まさかの!KNXWLEDGE × DJ KIYOの作品が7月23日にリリース予定!!!ということで、フィラデルフィア出身で現在LAを拠点に活動しているビートメイカー、KNXWLEDGEの作品をDJ KIYOが超絶スキルでMIXした作品がドロップ!アートワークはPOPY OIL氏 (OILWORKS)が制作予定とのことで、こちらも楽しみでございます。是非チェック!
https://twitter.com/Knxwledgehttps://twitter.com/DJKIYO1974
“The Bandcamp King”の異名を誇り、他の追随を許さない数のビートをネット上で配信、その唯一無二な麻薬的サウンドで世界中の ビート・ジャンキーを骨抜きにしている天才プロデューサー、KNXWLEDGE(ノレッジ)a.k.a KNX。絶対的なリーダー不在の現行ビー ト・シーンが探し続け、遂に見つけた ” カリスマ ” にして、今冬には STONES THROW からのデビュー(大注目 !!!)を控えるノレッジの 音源を、90 年代から今日に至るまでに数えきれないほどの名作ミックステープをリリースし、日夜、世界中の新たな音源や才能を追い求め続けるハード・ディガーにして、早くからノレッジにも注目していたと語る日本が誇る ” カリスマ “DJ、DJ キヨがチョイス&ミックス。 ビート・シーンのネクスト・スター:ノレッジが生み出す、絶妙にズレたビートとぶっ飛んだサンプリング・センスが織りなす黒くセ クシーなグルーヴが、DJ キヨの手によって更なる魔力を放つ・・・ビート・ジャンキー悶絶必至の 1 枚。

KNXWLEDGE [ ノレッジ ] プロフィール
KNXWLEDGE a.k.a KNX。1988 年生まれ、フィラデルフィア出身で、現在はカリフォルニアを拠点に活動するプロデューサー/ DJ。音楽直販サイト 「Bandcamp」にて何百を超えるビートを販売し、世界中に「ノレッジ・コレクター」を生み出し続ける、まさに”The Bandcamp King”ともいえる圧倒的 な人気を誇る。Blu や Exile をはじめ、Joey Bada$$ といった最近の人気 MC まで、幅広い楽曲提供/リミックスを行い、J Dilla、Flying Lotus に次ぐ
次世代のビート・シーンを牽引するカリスマとして目される、今最も聴くべき存在。現在、STONES THROW からのデビュー・アルバムを制作中。
DJ KIYO (ROYALTY PRODUCTION) プロフィール
1974 年寅年 O 型東京中央ライン杉並生まれ。NATIVE TONGUE 周辺の 90 年代初頭のヒップホップ・カルチャーに強い衝撃を受け、92 年より DJ のキャリアをスタート。 細分化の進むシーンの中でも当時から変わらぬアンダーグラウンドなスタンスで常に新しいものと古いものとの共存をテーマに新たなスタイルを生み出そうと考える唯一 無二の異端児的存在。キャリア 20 年を迎える今でも小学生 1 年生並みのフレッシュな気持ちを持ち続ける無類の音楽マニア。メロウなものからアグレッシヴなものまで数多くの コンセプチュアルな内容のミックステープ、ミックス CD を作り、商業ベースの DJ とは一線を画す存在として様々な音楽層に影響を与えてきている。現場においてはドラムミュー ジックとしての HIP HOP の精神を軸にクラシックから現在進行形チューンまで「先」の読めないグルーヴで爆音をデリバリー。昨年は L.A の名門レーベル「PLUG RESEARCH」の オフィシャルミックス、BLACKSMOKER より日本人ビートメーカーのみで構成された「JIPANG BEATS」、松竹梅レコードより新譜 HIP HOP MIX シリーズ「IMA 07」など数多くの MIX をリリース。現在は自身のオリジナルトラックを日々コツコツと打ち込み中。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/music/mix-knxwledge-knxwledge-mixed-by-dj-kiyo

[Mix] KNXWLEDGE / KNXWLEDGE - MIXED BY DJ KIYO -

まさかの!KNXWLEDGE × DJ KIYOの作品が7月23日にリリース予定!!!ということで、フィラデルフィア出身で現在LAを拠点に活動しているビートメイカー、KNXWLEDGEの作品をDJ KIYOが超絶スキルでMIXした作品がドロップ!アートワークはPOPY OIL氏 (OILWORKS)が制作予定とのことで、こちらも楽しみでございます。是非チェック!

https://twitter.com/Knxwledge
https://twitter.com/DJKIYO1974

“The Bandcamp King”の異名を誇り、他の追随を許さない数のビートをネット上で配信、その唯一無二な麻薬的サウンドで世界中の ビート・ジャンキーを骨抜きにしている天才プロデューサー、KNXWLEDGE(ノレッジ)a.k.a KNX。絶対的なリーダー不在の現行ビー ト・シーンが探し続け、遂に見つけた ” カリスマ ” にして、今冬には STONES THROW からのデビュー(大注目 !!!)を控えるノレッジの 音源を、90 年代から今日に至るまでに数えきれないほどの名作ミックステープをリリースし、日夜、世界中の新たな音源や才能を追い求め続けるハード・ディガーにして、早くからノレッジにも注目していたと語る日本が誇る ” カリスマ “DJ、DJ キヨがチョイス&ミックス。 ビート・シーンのネクスト・スター:ノレッジが生み出す、絶妙にズレたビートとぶっ飛んだサンプリング・センスが織りなす黒くセ クシーなグルーヴが、DJ キヨの手によって更なる魔力を放つ・・・ビート・ジャンキー悶絶必至の 1 枚。

KNXWLEDGE [ ノレッジ ] プロフィール
KNXWLEDGE a.k.a KNX。1988 年生まれ、フィラデルフィア出身で、現在はカリフォルニアを拠点に活動するプロデューサー/ DJ。音楽直販サイト 「Bandcamp」にて何百を超えるビートを販売し、世界中に「ノレッジ・コレクター」を生み出し続ける、まさに”The Bandcamp King”ともいえる圧倒的 な人気を誇る。Blu や Exile をはじめ、Joey Bada$$ といった最近の人気 MC まで、幅広い楽曲提供/リミックスを行い、J Dilla、Flying Lotus に次ぐ
次世代のビート・シーンを牽引するカリスマとして目される、今最も聴くべき存在。現在、STONES THROW からのデビュー・アルバムを制作中。

DJ KIYO (ROYALTY PRODUCTION) プロフィール
1974 年寅年 O 型東京中央ライン杉並生まれ。NATIVE TONGUE 周辺の 90 年代初頭のヒップホップ・カルチャーに強い衝撃を受け、92 年より DJ のキャリアをスタート。 細分化の進むシーンの中でも当時から変わらぬアンダーグラウンドなスタンスで常に新しいものと古いものとの共存をテーマに新たなスタイルを生み出そうと考える唯一 無二の異端児的存在。キャリア 20 年を迎える今でも小学生 1 年生並みのフレッシュな気持ちを持ち続ける無類の音楽マニア。メロウなものからアグレッシヴなものまで数多くの コンセプチュアルな内容のミックステープ、ミックス CD を作り、商業ベースの DJ とは一線を画す存在として様々な音楽層に影響を与えてきている。現場においてはドラムミュー ジックとしての HIP HOP の精神を軸にクラシックから現在進行形チューンまで「先」の読めないグルーヴで爆音をデリバリー。昨年は L.A の名門レーベル「PLUG RESEARCH」の オフィシャルミックス、BLACKSMOKER より日本人ビートメーカーのみで構成された「JIPANG BEATS」、松竹梅レコードより新譜 HIP HOP MIX シリーズ「IMA 07」など数多くの MIX をリリース。現在は自身のオリジナルトラックを日々コツコツと打ち込み中。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/520%e7%81%ab%e3%80%9c523%e6%9c%a8-%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-at5/20(火)〜5/23(木) “ヒップホップ・カルチャー・ウィーク” at キッザニア
5/20(火)〜5/23(木)まで、東京は豊洲にある子供向けの職業体験型テーマパーク、キッザニア(KidZania)にて『HIP HOP CULTURE WEEK』が開催されます!こども達の創造力や自己表現力、自信を引き出したいという願いをこめて“HIP HOP”をテーマにしたこのイベントでは、MC、ブレイク・ダンス、グラフィティ、ビートメイキングなどなどの体験を通して、簡単な英語を使ったコミュニケーションにもチャレンジできます。お子様のいるヒップホップ好きなパパママは是非行ってみてはいかがでしょうか。
↓詳しくはこちらをご覧ください。
HIP HOP CULTURE WEEKhttp://www.kidzania.jp/tokyo/event_g.html?T_INFO=1915
キッザニア オフィシャルサイトhttp://www.kidzania.jp/tokyo/
※ご入場には、通常のキッザニア事前予約が必要となりますので、ご注意を!
※通常のキッザニア職業体験にも参加できます。
※このイベントへの参加に追加料金などはありません。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/520%e7%81%ab%e3%80%9c523%e6%9c%a8-%e3%83%92%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9b%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af-at

5/20(火)〜5/23(木) “ヒップホップ・カルチャー・ウィーク” at キッザニア

5/20(火)〜5/23(木)まで、東京は豊洲にある子供向けの職業体験型テーマパーク、キッザニア(KidZania)にて『HIP HOP CULTURE WEEK』が開催されます!こども達の創造力や自己表現力、自信を引き出したいという願いをこめて“HIP HOP”をテーマにしたこのイベントでは、MC、ブレイク・ダンス、グラフィティ、ビートメイキングなどなどの体験を通して、簡単な英語を使ったコミュニケーションにもチャレンジできます。お子様のいるヒップホップ好きなパパママは是非行ってみてはいかがでしょうか。

↓詳しくはこちらをご覧ください。
HIP HOP CULTURE WEEK
http://www.kidzania.jp/tokyo/event_g.html?T_INFO=1915

キッザニア オフィシャルサイト
http://www.kidzania.jp/tokyo/
※ご入場には、通常のキッザニア事前予約が必要となりますので、ご注意を!
※通常のキッザニア職業体験にも参加できます。
※このイベントへの参加に追加料金などはありません。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/421%e6%9c%88%e3%81%ae2230%e3%80%9cblock-fm%e3%80%8cinside-out%e3%80%8d%e3%81%ae-%e2%80%9cnew%e2%80%9d-new-york%e7%89%b9%e9%9b%86-%e7%ac%ac3%e5%bc%be%ef%bc%81%e3%81%a7yappari-hiphop%e7%99%bb4/21(月)の22:30〜block.fm「INSIDE OUT」の “NEW” NEW YORK特集 第3弾!でYAPPARI HIPHOP登場!
4/21(月)22:30〜からBlock.FMで放送されるヒップホップ・ラジオ番組、INSIDE OUTにて「”NEW”ニューヨーク特集パート3 まだまだ知らないディープなNY特集!」にて、またYAPPARI HIPHOPで出演させて頂きます!DJ YANATAKEさん、ラッパーのAKLOくん、ライターの渡辺志保、HIP HOP HYPEの中の人4名の INSIDE OUT クルー陣に加え、ゲストDJには、あの男がNYから生で登場!DJ CUTBIRD #でっかい叫び出し!
ということで、NY在住の日本人DJ CUTBIRDから数ヶ月前に企画を提案され、また最近のNYの若手シーンで邁進しているアーティストや、ニューヨークのショウビズのヒップホップとはまた別のシーンの情報をお伝えできればと思っております。
2014年4月21日 (月)  22:30-24:00http://block.fm/program/inside_out/
▼あの男がNYから生で登場!DJ @CUTBIRD #でっかい叫び出し
▼”NEW”ニューヨーク特集パート3 feat. @YAPPARIHIPHOP
まだまだ知らないディープなNY特集!
▼@hiphop_hype ニュース!今週もHOTな話題が満載!
▼AKLO、渡辺志保 オススメ最新曲解説
▼6月6日(金)はスケジュール空けておいてくださいね…
パソコンからiPhoneからも聴けますので、よかったら皆さんチェックしてみて下さい。
4/21(月)の22:30はblockFMにアクセスしてHoooooooooooOOOOOOOO!!!!!!!!!!!

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/news/421%e6%9c%88%e3%81%ae2230%e3%80%9cblock-fm%e3%80%8cinside-out%e3%80%8d%e3%81%ae-%e2%80%9cnew%e2%80%9d-new-york%e7%89%b9%e9%9b%86-%e7%ac%ac3%e5%bc%be%ef%bc%81%e3%81%a7yappari-hiphop%e7%99%bb

4/21(月)の22:30〜block.fm「INSIDE OUT」の “NEW” NEW YORK特集 第3弾!でYAPPARI HIPHOP登場!

4/21(月)22:30〜からBlock.FMで放送されるヒップホップ・ラジオ番組、INSIDE OUTにて「”NEW”ニューヨーク特集パート3 まだまだ知らないディープなNY特集!」にて、またYAPPARI HIPHOPで出演させて頂きます!DJ YANATAKEさん、ラッパーのAKLOくん、ライターの渡辺志保、HIP HOP HYPEの中の人4名の INSIDE OUT クルー陣に加え、ゲストDJには、あの男がNYから生で登場!DJ CUTBIRD #でっかい叫び出し!

ということで、NY在住の日本人DJ CUTBIRDから数ヶ月前に企画を提案され、また最近のNYの若手シーンで邁進しているアーティストや、ニューヨークのショウビズのヒップホップとはまた別のシーンの情報をお伝えできればと思っております。

2014年4月21日 (月)  22:30-24:00
http://block.fm/program/inside_out/

▼あの男がNYから生で登場!DJ @CUTBIRD #でっかい叫び出し
▼”NEW”ニューヨーク特集パート3 feat. @YAPPARIHIPHOP
まだまだ知らないディープなNY特集!
▼@hiphop_hype ニュース!今週もHOTな話題が満載!
▼AKLO、渡辺志保 オススメ最新曲解説
▼6月6日(金)はスケジュール空けておいてくださいね…

パソコンからiPhoneからも聴けますので、よかったら皆さんチェックしてみて下さい。
4/21(月)の22:30はblockFMにアクセスしてHoooooooooooOOOOOOOO!!!!!!!!!!!

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/interviews/dj-kenn-%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bcDJ KENN スペシャル・インタビュー
先日オンエアされましたblock.fmの番組「INSIDE OUT」でのシカゴ・ヒップホップ特集にSkypeでゲスト出演いただいたシカゴ在住の日本人プロデューサー、DJ KENNさん。CHIEF KEEFのストリート・クラシック“Bang”を始めとする数々のCHIEF KEEF~GLORY BOYZ ENTERTAINMENT周辺作品のプロデュースやPVディレクションでその名がUS本国で知られ、シカゴ・ヒップホップのディープでドープなサイト、FakeShoreDriveでは最大限の敬意を払われて「The Legendary DJ KENN」とも称されている氏へ、番組放送前の予習としてホストの渡辺志保さんとともに行なったメール・インタビューをYAPPARI HIPHOPさんに場所をお借りし、掲載いたします。
※インタビューは『Concrete Green – THE CHICAGO ALLIANCE』の発売前に行ないました
- ヒップホップにハマったきっかけ(アーティストやアルバム、曲など)を教えてください。それはいつ頃のことでしょうか?
一番最初はNASとCAM’RONで高校一年ぐらい?NASの”ONE MIC”、CAM’RONの”OH BOY”には衝撃を受けた。
- ビートを作り始めたきっかけを教えてください。ラッパーやDJではなく、最初からビートメイカーを目指したのでしょうか?
ずっと音楽はやりたくて日本にいた時にやろうとしてたけど、特に本格的にやるほどではなく、アメリカを見たら変わってしまった。良くも悪くも。ラッパーになりたかったけど下手だった。自分に合わないのを知ってたし。
- その頃に手本にした、もしくは影響を受けたビートメイカーが居たら教えてください。
みんなに影響は受けてるはず。
- シカゴに行ったのはいつ頃で、何を目的に行ったのでしょうか?
2007年にアメリカを見たいと思って夏に出てNYに行き、08年にNYには居れなくなってどこに行くか考え、アメリカでもでかい都市だって聞いたシカゴに決めた。R KELLYも、KANYE WESTも居たし、車がなくても行動できるから。
- その頃のシカゴのヒップホップ・シーンについて教えてください。
シカゴの音楽は全くだった。R KELLYとKANYEぐらい。誰もシカゴから勝ち上がるのが難しかったね。
- CHIEF KEEPやGLORY BOYZ ENTERTAINMENT(GBE)周辺、その他のヒップホップ・アーティストと知り合ったきっかけを教えてください。また一緒に活動するようになったのはなぜでしょうか?
一番初めにシカゴに来たときに流れ着いたブロックがKEEFたちのブロックだった。で、一緒に音楽を始めた。
- ドキュメンタリー・シリーズの「CHIRAQ」ではDJ KENNがきっかけでGBEの皆がラップを始めるようになった、と語られてましたが事実なのでしょうか?
FACTS(事実)
- CHIEF KEEFやGBEクルーの面々について教えてもらえますでしょうか。
みんな悪いやつら。ストリートで育ったやつら。Savage。
- CHIEF KEEFの“BANG”はどのようなキッカケで出来た曲なんでしょうか。
あの当時はおれらがゲトーでシカゴから抜け出そうとしてた時だった。ハングリー。
- CHIEF KEEFが全米規模でブレイクした時のシーンの状況はどのような感じでしたか?
すごかったと思うよ。
- ミックステープ『American Dream』の制作経緯を教えてください。
今までやってきたことの繰り返し。とりあえず曲を作って、自分のタイミングで出した。
- ビデオ制作はいつ頃から始めたのでしょうか。
2011年にカメラを買った。ビデオが必要なのが解かったから。
- シカゴにはGLO GANG、SAVE MONEY、TREATED CREWなど色んなクルーが各々注目されてますが、交流はあるのでしょうか?また各々のクルーはどのような感じの集合体なのでしょうか。
GBEが一番よく一緒にいる。他はそこまで付き合いはないけど、みんないい感じだと思うよ。
-現在のシカゴのヒップホップ・シーンはどのような感じでしょうか?
シカゴは今勢いがあるし、ようやく注目されるようになったし、うれしい。
- シカゴにはCOMMONやTWISTA、KANYEにLUPE FIASCO…と、シーンを形成してきたビッグ・ラッパー達が数多くいますが、周りの若いラッパー達は、彼らのような先人達のことをどのように感じているのでしょうか?
リスペクトもしてるけど、彼らは彼ら。自分たちは自分。
- シカゴのシーンと日本のシーンを比べて、いいトコロと悪いトコロがあれば教えてください。
シカゴは悪い。ギャングの有名な都市だし、ラップとギャングはどこにでもある。いいところは自分次第。
CONCRETE GREEN – THE CHICAGO ALLIANCE
- SEEDA & DJ ISSO『Concrete Green』に参加することになった経緯を教えてください。
 SEEDA君と初めて話したSKYPEで『CCG』の話を振ってもらって速攻おれもやりたいって返事して始まった。
- 実際の作業はどのような感じで進めたのでしょうか?
メールとかSKYPEで、SEEDA君、A-Thug君、Sticky君はシカゴまで来て一緒に曲作ったり。
- CHIEF KEEPやLIL HERB、FREDO SANTANAら、シカゴのアーティストも多く参加していますが、参加や作品への反応は如何でしたか?
みんなアジアにも行きたいし、ビジネスもやりたいと言ってるね。
- 今後、注目しておいた方がいいアーティスト、クルーがいれば教えてください。
LIL HERBとやっぱりGBEのみんな
- DRILL MUSICとはどのようなサウンドのことを言うのでしょうか。
サウスのスラングの。そのDRILLはメディアに作られたもので、自分はDRILL MUSICをしているとは思ってないので解からない。
- 今後のリリース・プロジェクト、また将来的にやりたいこと、一緒にコラボしてみたいアーティストなどあれば教えてください。
もうすぐでSEEDA君ISSO君との『Concrete Green』が出て、次にSCARSのA-Thug君との『Street Is Talkin』。こっちでは4月に新しいミックステープでも出したいと思ってます。将来はもっとNEXT LEVELなことをやれるようになりたい。勝ち上がりたい。
- オールタイム・フェイヴァリットなソング、アルバムを教えてください。
『SLAM DUNK』のオープニング
*インタビュー / 文:HIPHOP HYPEの中の人、渡辺志保

DJ KENNhttps://twitter.com/DJKENN_AONhttps://www.youtube.com/channel/UC06Prfm611YlU6VQ2YMf-mA
2007年に渡米し、08年からシカゴに拠点を移して本格活動開始。Chief Keefら、Glory Boyz Entertainemnt(GBE)周辺のプロデュース・ワークで注目を集め、2011年にはプロデュースしたChief Keefの“Bang”が全米規模でのビッグ・ヒットを記録し、Chief KeefやGBEとともにDJ Kennの名前も世界的に知れ渡ることとなる。その後もChief KeefやFredo Santana、Ballout、Gino Marleyら多くのシカゴ・アーティストをプロデュースし、同時にビデオ・ディレクターも担当。2013年にはこれらシカゴのアンダーグラウンドなアーティストが終結したミックステープ『American Dream』を発表。SEEDA&DJ ISSOの『Concrete Green』の最新版となる「The Chicago Alliance」を共同制作。

New Post has been published on http://www.yapparihiphop.com/interviews/dj-kenn-%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

DJ KENN スペシャル・インタビュー


先日オンエアされましたblock.fmの番組「INSIDE OUT」でのシカゴ・ヒップホップ特集にSkypeでゲスト出演いただいたシカゴ在住の日本人プロデューサー、DJ KENNさん。CHIEF KEEFのストリート・クラシック“Bang”を始めとする数々のCHIEF KEEF~GLORY BOYZ ENTERTAINMENT周辺作品のプロデュースやPVディレクションでその名がUS本国で知られ、シカゴ・ヒップホップのディープでドープなサイト、FakeShoreDriveでは最大限の敬意を払われて「The Legendary DJ KENN」とも称されている氏へ、番組放送前の予習としてホストの渡辺志保さんとともに行なったメール・インタビューをYAPPARI HIPHOPさんに場所をお借りし、掲載いたします。

※インタビューは『Concrete Green – THE CHICAGO ALLIANCE』の発売前に行ないました

- ヒップホップにハマったきっかけ(アーティストやアルバム、曲など)を教えてください。それはいつ頃のことでしょうか?

一番最初はNASとCAM’RONで高校一年ぐらい?NASの”ONE MIC”、CAM’RONの”OH BOY”には衝撃を受けた。

- ビートを作り始めたきっかけを教えてください。ラッパーやDJではなく、最初からビートメイカーを目指したのでしょうか?

ずっと音楽はやりたくて日本にいた時にやろうとしてたけど、特に本格的にやるほどではなく、アメリカを見たら変わってしまった。良くも悪くも。ラッパーになりたかったけど下手だった。自分に合わないのを知ってたし。

- その頃に手本にした、もしくは影響を受けたビートメイカーが居たら教えてください。

みんなに影響は受けてるはず。

- シカゴに行ったのはいつ頃で、何を目的に行ったのでしょうか?

2007年にアメリカを見たいと思って夏に出てNYに行き、08年にNYには居れなくなってどこに行くか考え、アメリカでもでかい都市だって聞いたシカゴに決めた。R KELLYも、KANYE WESTも居たし、車がなくても行動できるから。

- その頃のシカゴのヒップホップ・シーンについて教えてください。

シカゴの音楽は全くだった。R KELLYとKANYEぐらい。誰もシカゴから勝ち上がるのが難しかったね。

- CHIEF KEEPやGLORY BOYZ ENTERTAINMENT(GBE)周辺、その他のヒップホップ・アーティストと知り合ったきっかけを教えてください。また一緒に活動するようになったのはなぜでしょうか?

一番初めにシカゴに来たときに流れ着いたブロックがKEEFたちのブロックだった。で、一緒に音楽を始めた。

- ドキュメンタリー・シリーズの「CHIRAQ」ではDJ KENNがきっかけでGBEの皆がラップを始めるようになった、と語られてましたが事実なのでしょうか?

FACTS(事実)

- CHIEF KEEFやGBEクルーの面々について教えてもらえますでしょうか。

みんな悪いやつら。ストリートで育ったやつら。Savage。

- CHIEF KEEFの“BANG”はどのようなキッカケで出来た曲なんでしょうか。

あの当時はおれらがゲトーでシカゴから抜け出そうとしてた時だった。ハングリー。

- CHIEF KEEFが全米規模でブレイクした時のシーンの状況はどのような感じでしたか?

すごかったと思うよ。

- ミックステープ『American Dream』の制作経緯を教えてください。

今までやってきたことの繰り返し。とりあえず曲を作って、自分のタイミングで出した。

- ビデオ制作はいつ頃から始めたのでしょうか。

2011年にカメラを買った。ビデオが必要なのが解かったから。

- シカゴにはGLO GANG、SAVE MONEY、TREATED CREWなど色んなクルーが各々注目されてますが、交流はあるのでしょうか?また各々のクルーはどのような感じの集合体なのでしょうか。

GBEが一番よく一緒にいる。他はそこまで付き合いはないけど、みんないい感じだと思うよ。

-現在のシカゴのヒップホップ・シーンはどのような感じでしょうか?

シカゴは今勢いがあるし、ようやく注目されるようになったし、うれしい。

- シカゴにはCOMMONやTWISTA、KANYEにLUPE FIASCO…と、シーンを形成してきたビッグ・ラッパー達が数多くいますが、周りの若いラッパー達は、彼らのような先人達のことをどのように感じているのでしょうか?

リスペクトもしてるけど、彼らは彼ら。自分たちは自分。

- シカゴのシーンと日本のシーンを比べて、いいトコロと悪いトコロがあれば教えてください。

シカゴは悪い。ギャングの有名な都市だし、ラップとギャングはどこにでもある。いいところは自分次第。


CONCRETE GREEN – THE CHICAGO ALLIANCE

- SEEDA & DJ ISSO『Concrete Green』に参加することになった経緯を教えてください。

SEEDA君と初めて話したSKYPEで『CCG』の話を振ってもらって速攻おれもやりたいって返事して始まった。

- 実際の作業はどのような感じで進めたのでしょうか?

メールとかSKYPEで、SEEDA君、A-Thug君、Sticky君はシカゴまで来て一緒に曲作ったり。

- CHIEF KEEPやLIL HERB、FREDO SANTANAら、シカゴのアーティストも多く参加していますが、参加や作品への反応は如何でしたか?

みんなアジアにも行きたいし、ビジネスもやりたいと言ってるね。

- 今後、注目しておいた方がいいアーティスト、クルーがいれば教えてください。

LIL HERBとやっぱりGBEのみんな

- DRILL MUSICとはどのようなサウンドのことを言うのでしょうか。

サウスのスラングの。そのDRILLはメディアに作られたもので、自分はDRILL MUSICをしているとは思ってないので解からない。

- 今後のリリース・プロジェクト、また将来的にやりたいこと、一緒にコラボしてみたいアーティストなどあれば教えてください。

もうすぐでSEEDA君ISSO君との『Concrete Green』が出て、次にSCARSのA-Thug君との『Street Is Talkin』。こっちでは4月に新しいミックステープでも出したいと思ってます。将来はもっとNEXT LEVELなことをやれるようになりたい。勝ち上がりたい。

- オールタイム・フェイヴァリットなソング、アルバムを教えてください。
『SLAM DUNK』のオープニング

*インタビュー / 文:HIPHOP HYPEの中の人、渡辺志保


DJ KENN
https://twitter.com/DJKENN_AON
https://www.youtube.com/channel/UC06Prfm611YlU6VQ2YMf-mA

2007年に渡米し、08年からシカゴに拠点を移して本格活動開始。Chief Keefら、Glory Boyz Entertainemnt(GBE)周辺のプロデュース・ワークで注目を集め、2011年にはプロデュースしたChief Keefの“Bang”が全米規模でのビッグ・ヒットを記録し、Chief KeefやGBEとともにDJ Kennの名前も世界的に知れ渡ることとなる。その後もChief KeefやFredo Santana、Ballout、Gino Marleyら多くのシカゴ・アーティストをプロデュースし、同時にビデオ・ディレクターも担当。2013年にはこれらシカゴのアンダーグラウンドなアーティストが終結したミックステープ『American Dream』を発表。SEEDA&DJ ISSOの『Concrete Green』の最新版となる「The Chicago Alliance」を共同制作。